ユピテル YPB740

ユピテル YPB740 最安値

YPB740 最安値

 

ユピテルのポータブルナビ、2014年最大のヒット機種がこのYPB740です。

 

ユピテルからは2014年発売機種がいくつかありますが、私個人が一番オススメしたいのも、この「YPB740」です。5インチディスプレイのシリーズ(YPB550)も、コンパクトでなかなか良いのですが、設置スペースがあるならやはり大きいディスプレイの方が断然快適ですよね。値段的にも2インチの違いで3〜4000円の差ですから、個人的には7インチかな、と思います。

 

では簡単にYPB740のスペックからご紹介します。

 

スペック

 

サイズ 177(W)×108(H)×15.5(D)mm 重量285g(軽量です)。

 

容量は8GB(本体) 32GB以下のmicro SDHCカードに対応。

 

TVチューナーはワンセグ 音楽の再生可能フォーマットはMp3とWMA

 

画面は7インチワイド液晶 タッチパネル式 解像度は800X480

 

 

使った感想

 

通常のカーナビとして使用した場合、このスペックのポータブルナビとしては、至ってスムーズ、ストレスなく使えるといった感じです。 普通に馴染む感覚ですね。

 

それだけにパンチ不足という感もありますが、この価格がその不足感を帳消しにしてくれます。

 

ですがユピテルのカーナビを選ぶ理由はソコではありませんよね。ユピテルのカーナビの魅力といえば「レーダー探知機能」が備わっていることです。

 

本格的なレーダー探知機ほどの細かな機能はありませんが、日常の運転なら完全に安心できるレベルの機能です。普段から相当な時間を毎日運転される方や、慣れない道を走ることの多い方には、本格的なレーダー探知機をおすすめしますが、一般の方の場合こちらが使いやすく、また満足度も高いと思います。

 

その他、遊び機能としても飛び抜けた機能はありませんが、ワンセグTVも問題なく見られますし、容量も32GまでのSDHCカードが使えますので、他機種から劣ると見える部分は特にありません。

 

 

ライバル機種との比較

 

まず同じメーカー(ユピテル)の別機種と比較するとどうか?

 

まずYPB740より上位機の「イエラYPF7500-P」と比較すると、やはりこちらのほうが価格がかなり高いだけに、その分モノは良いと感じます。新イエラは特に操作感が素晴らしく、非常に快適です。その他高級感も高いのですが、ほぼ1万円の価格差がありますので、私としては2014年ユピテルからは「YPB740」をおすすめしたいです。

 

逆にYPB740より低価格機のドライブナビシリーズですと、クラスうんぬんより現状地図自体が型落ちになりますので、比較は難しいです。特にカーナビなどは1年ごとに操作感が圧倒的に改善されます。ここは明らかにYPB740の方がオススメできます。

 

 

ゴリラと比べると・・・

 

そして最も気になるのは、他メーカー製品との比較だと思います。というより、ハッキリ言えば「ゴリラと比べどうなのか?」ですよね(笑)。

 

まずイエラならゴリラでしょう。いくらレーダー探知機能がついていても、ゴリラ(ゴリラ CN-GP530D)の基本性能は圧倒的です。ここは断然ゴリラと私は考えます。

 

ですがYPB740と比べた場合、この2機種は全く別のユーザー層となるので、ご自身が何を求めているか?で決めるのが良いでしょう。

 

単純にポータブルナビとしてなら、おそらくゴリラでしょう。

 

ですがYPB740には、低価格でレーダー探知機能も使えるという利点があります。

 

最新のポータブルナビで、レーダーに魅力を感じるならYPB740でしょう。

 

具体的には、「最近切符切られたんだよね〜」なんていう方は、保険のためにもYPB740がオススメです。

 

 

 

ユピテル YPB740 最安値

 

ユピテル YPB740の最安値情報です。

 

もちろん送料無料、アフターケアの評価も非常に高いアマゾンです。

 

こちら↓

 

 

 

 

YPB740関連ページ

YPB741
ユピテル・ポータブルナビのおすすめ機種の解説と最安値情報です。
YPB551
ユピテル・ポータブルナビのおすすめ機種の解説と最安値情報です。
YPB708si
ユピテル YPB708siの機種解説と最安値情報です。
YPL514si
ユピテル・ポータブルナビ ypl514siの解説と最安値情報です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ゴリラ・シリーズ ユピテル パイオニア その他メーカー ゴリラパーキング解除