ポータブルナビ おすすめ!人気機種比較

ポータブルナビ おすすめ!人気機種比較

 

 

現在のカーナビは、ポータブルタイプが主流と言って過言では無いと思います。

 

というより、安くて必要な機能に絞って開発されたポータブルナビと、
徹底的に高機能を追求したカーナビに別れたという感じです。

 

このサイトでは、一般用ポータブルナビの人気機種を解説し、
その機種の激安通販情報をご紹介していきます。

 

特に最新人気機種についてバッチリ調べて解説します!

 

そして最安値情報は必見ですよ〜

 

ポータブルナビ おすすめ

 

2017 ポータブルナビ人気ランキング

 

それでは現在のポータブルナビ・最新人気ランキングをご紹介していきます。

 

パナソニックゴリラ CN-G500D 5.0型の特徴

ゴリラといえばSSDですね。今回の最新型はさらに高速アクセスが可能になり、マップの動きも素晴らしく速いです。しかも画質はとてもきれいです!もうポータブルの域を超えるグラフィック、そして滑らかな動き。みちびき+グロナス+GPSの安定感も抜群で、もちろんパーキング解除プラグも使えます。

価格
評価 評価5
備考 送料無料
パナソニックゴリラ CN-G500D 5.0型の総評

価格的には2.1万円というところですが(2017・2月現在)、これからもう少し下がっていくでしょう。性能的にこれ以上望むものは無いといえるほど完成度は高いので、ランキングは3位までありますが、正直なところ実質このゴリラ一択と私は思っています。

ユピテル 7.0型 YPB752の特徴

こちらもワンセグ内蔵、レーダー探知機機能付きポータブルカーナビです。単純に皆さんが知りたいのはYPB742とどこが違うのか?ですよね。答えは「同じ」です(笑)。こちらはアマゾン専売の廉価版とのい位置づけですが、実際の違いは「タイムズロードサービス」が1年つかないということです。タイムズロードサービスとは、JAFのサービスのようなものとお考え下さい。 詳しくはこちらでお問い合せ下さい=0570-05-8109

価格
評価 評価4.5
備考 送料無料
ユピテル 7.0型 YPB752の総評

正直言います、742より、こちらの752がお得です。こちらを断然おすすめします。

ユピテル 7インチ YPB742の特徴

ワンセグ内蔵 レーダー探知機機能付きポータブルカーナビのYPB742。注目はレーダー探知機の機能ですが、ナビ性能もなかなかのものです。130冊分の旅行マップル搭載など多彩なマップ機能もあり、見た目もスッキリしていてカッコイイですね。

価格
評価 評価4
備考 送料無料
ユピテル 7インチ YPB742の総評

ゴリラよりやや割安なところがポイントです。文字をかなり大きく出来るので、老眼の方にも優しい仕様となっています。ですが、やはりレーダー探知機代わりに使うという方におすすめの機種と言えるでしょう。

 

 

4位までは僅差ですが、その下は大幅に差が有りますので、人気ランキングでは
この4機種だけ覚えておけばいいでしょう。

 

このランキングを見た私の感想ですが、さすが皆さんよく分かっていらっしゃると
思います。

 

ポータブルナビでは、この4機種が総合力で優れ、
さらに価格的にも激安なので当然の結果だと思います。
*この4機種にも価格差がありますが、その価格差は性能や機能の違いから来ています。

 

 

この4機種は性能と価格のバランスが非常に良いです。

 

ですのでここから選ぶなら、欲しい機能を考えて機種を選べば問題無いと思います。

 

ポータブルナビ おすすめ

 

ポータブルナビのおすすめのメーカーは?

 

ポータブルナビの話をしていると、「おすすめのメーカーはどこですか?」
と、聞かれる事がよくあります。

 

現在日本のポータブルナビメーカーでは、パナソニックユピテルの2強が
ほとんどのシェアを持っています。

 

その下にソニーとパイオニアがいて、さらにその下に7〜8メーカーがあるといった
感じです。

 

おすすめのメーカーは?ですが、やはりパナソニック、ユピテルだと思います。
この2社の製品は、動作が軽く、必要な機能があり、GPSも正確、故障も少ないです。

 

ソニーやパイオニアもいいですが、やはり上位2社と比較すると性能と
価格のバランスで劣っていると言えます。

*性能はいいが、高価というパターンが多いです。
  逆に低価格のものは基本性能がイマイチ。

 

さらにその他のメーカーですと、信頼性に大きな不安が残ります
(私も何度か痛い目にあってます)。
特に海外メーカーは要注意ですね。 初期不良が解決できず、最終的には
ゴミ箱行きになった経験があります。

 

パナソニックやソニーといった大企業、パイオニア、ユピテルといったカー用品の
有名企業を私が推すのは、性能や機能面だけではありません。
聞いたこともないような無名メーカーや、二流(失礼)メーカーが一番怖いのは、
自社製品の不良品を修正できないことがありえるからです。
これはカーナビ通では有名な話ですが、二流メーカーでは何度交換しても、
何度修理に出しても、同じ不具合が出るという現象が多発しています。
これは私の周りでも現実に起こりました。
ですが日本の大企業では、さすがにそんな事はありえません。
とにかく二流メーカーは避けたほうが無難です。

 

そういったことを総合して答えますと、メーカーと言うより「ゴリラ」「イエラまたはMOGGY」
3シリーズはオススメです(やはりパナソニックとユピテルですね)。

 

 

ポータブルナビのおすすめショップは?

 

ポータブルナビをどこで買えばお得か?についてお話します。

 

まずポータブルナビなど、現在日本(世界?)で売られている精密機器は、
ほとんどが中国製です。

 

何を言いたいかお分かりですよね。
そうです、残念ながら、ポータブルナビも不良品が出ることがあります。

 

これは止められない流れですね。
最近は家電でも自動車でも、昔に比べ不良品の出現率が上がっています。

 

正直言って中国製は室が悪いです。
ですが中国製と言っても組み立てが中国なだけですので、製品不良の
根本的な部分は軽いものです。

 

 

ポータブルナビ おすすめ

 

 

ところで不良品にあたった時の、ショップの対応というのはピンきりです。

 

私の経験では、ある大手ネット通販サイトのショップでDVDプレイヤーを
購入した時に不良品に当たりました。

 

そしてその旨を伝えた所、交換品が無いため返金扱いにするから
送ってくれとのメールが来ました。

 

ただし、そこには「もし当店の判断で不良品と認められなかった場合、
送料着払いで返送します」と書いてありました。
*くどいほど書いてありましたので、この時点で嫌な予感がプンプン。

 

ですがこのDVDプレイヤー、トレイのフタが閉まらないという致命的な
欠陥がありました。

 

ところが返信は恐れていたように、
「当店ではこれは使用上の自然な故障と判断した〜」という事でした。

 

最終的には、この会社まで怒鳴りこんで、目の前で不良箇所を見せて
返金させましたが、1万円弱を取り返すのにとんでもなく苦労しました(笑)。
最後は意地でしたが・・

 

ポータブルナビだと、もう少し値段が高いので、もっとよく考えたほうがいいです。

 

そこで対策ですが、こういった対応に非常に評判のいい「アマゾン」を使うというのが
最も簡単で確実な方法になります。

 

日本のほとんどのネット通販サイトは「返品・交換」に応じませんが(明確な不良品には対応)、
アマゾンの対応は完璧です。

 

上記ランキング内、ポータブルナビ(アマゾン)の口コミにも、
不良品ぽかったので返品した〜とのコメントが有りました。
ですが他だったら、完全に不良品であることを証明しなければ(曖昧な部分が多く困難です)、
返品も交換も不可で泣き寝入りしなければならないところです。

 

不良品は本当にストレスがたまりますし、嫌な思いもします。
そう考えると、多少の価格差だったら、私はアマゾンでの購入をおすすめします。

 

 

最近のカーナビ機能の解説

 

最近のポータブルカーナビの機能をカタログやサイトなどで見ていると、
何度も出て来る機能の名前があると思います。
その中でいくつか代表的なものを簡単に解説しておきます。

 

Gジャイロ

 

パナソニック・ゴリラでもユピテルでも上位・最新機種には必ず搭載されている
この「Gジャイロ」とは?

 

Gジャイロは、自車位置の測定機能を補足するもので、現在の進路や
方向を元に、立体交差やトンネルなどGPSが効かない場所で
絶大な効果を発揮します。

 

 

もっと分かりやすく書くと、例えばトンネルに入った時、普通ならGPSは
入らず、ナビは何らかのエラー表示を出すと思います。

 

ですがこのGジャイロがあると、トンネルに入る前の位置やトンネル内での
車の方向から自車位置を測位するというものです。

 

精度はメーカーや搭載モデルによっても異なりますが、2013年以降の
機種は評判のいいものが多いです。

 

ちなみにユピテルは、更に車速も考慮した技術を用いているとのことです。

 

 

 

みちびき

 

「準天頂衛星みちびき」ですね。

 

このみちびきはカーナビの世界以外でもよく耳にする機会があると思います。

 

みちびきは日本が、我が国専用に開発、打ち上げた初のGPS衛星です。
なので日本の上空を飛んでいて、日本の情報に特化したGPS衛星です。

 

 

ちょっと分かりにくい話ですが、「GPS」とは本来アメリカの物を言います。
これを今までは日本でも使っていた(借りていた)のです。

 

ですが最近は世界各国で独自の衛星が打ち上げられています。
ですので衛星から送られる位置情報などの総称としてGPSと呼んでいましたが、
日本でもみちびきが登場したことでGPSという呼称が変わるかもしれませんね。

 

そのみちびきですが、実はまだ完全ではありません。
現在は1期のみで稼働していますが、今後3基での稼働が予定されています。

 

そうなればさらに精度が高くなることは間違いなく、日本全土をほぼカーバー
できることとなるでしょう。

 

それとみちびきと同時に、ロシアの衛星「グロナス」を受信し、さらに高精度を
実現しているカーナビもあります。

 

自車位置情報はGPSの基本ですから、何にしても精度が高まることは
私達からすれば歓迎ですよね。

 

 

 

 

 

廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!